バイオタンを製造するガストロラックス フライパンの常識を覆した「こびりつかない」を2年間保証


gastrolux公式サイトgastrolux公式サイト




ガストロラックスとは

ガストロラックスの歴史


●創業年・・・現在確認中


●1960 年代中盤、G.A.L.トールセンは、ガストロラックスの前身「リストラップ金属加工工業」をE.イェンセンに売却。


●1976 年、工場をデンマークのリョムガード(現在の本社)に移し、「パイロラックス」(=パイロラックス・パンデファブリック)とブランドを命名。


●1979 年、世界初の手製アルミ鋳造フライパンを「ガストロラックス」ブランドとして発表。


●1986 年、チタン2001 モデル=世界初のチタンコーティングフライパンを発表。(これを機に、以降世界中のコーティングフライパン業界はチタンコーティングが主流になってゆく。しかし、ガストロラックス社はチタンコーティングに満足できず、2000 年以降、他社に先んじて新しいコーティングの開発を進めてゆく。)


●1986 年、経営者のE.イェンセンが癌に倒れ、「パイロラックス」ブランドを、同国の有名メーカー「スキャンパン」に売却。


●1994 年、E.イェンセンはH.スコールとそれぞれ50%のシェアで経営することを契約。


●1999 年、料理家テリエ・ネス氏がガストロラックスと共に、料理コンテスト「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」で世界チャンピオンに選ばれる。※ボキューズ・ドールは、料理人が一番獲得したいコンクールと言われている。


●2000 年、E.イェンセンは彼の経営権50%を子供4 人に分配する。


●2000 年、ガストロラックスは「バイオタン」の前身となる「ナノテクノロジー・コーティング」の技術を発表。


●2004 年7 月4 日、H.スコールは工場を買入れ、「ガストロラックス2004」と命名。


●2004 年、ガストロラックスはガタツキの無い高性能着脱式ハンドルを発表。同年、本格的にバイオタンの開発に着手。


●2006 年、ガストロラックスは「バイオタン」コーティングを発表。


●2008 年1 月、ドイツtest 誌において「バイオタン」がNo.1 アルミ鋳造コーティングフライパンの総合評価を獲得。勿論、コーティングに関しても、最高評価を獲得。※test 誌とは、ドイツ政府も出資する「スティフトゥング・バーレン・テスト財団」のテスト結果を発表する誌面。ヨーロッパや業界では権威ある評価機関で、異国であるデンマークのバイオタンが評価されていることからも、その公平さが窺い知れる。2008/1 はフライパンの評価の最新版。


●2008 年、ガストロラックスは料理家「エッカート・ヴィツィヒマン」モデルを発表。


●2008 年、ガストロラックスは「バイオタンIH」モデルを発表。


●2009 年、スイスのグロブ家がバイオタンの世界一の技術に着目し、「ガストロラックス2004」を買収。現経営者となる。