バイオタンを製造するガストロラックス フライパンの常識を覆した「こびりつかない」を2年間保証


gastrolux公式サイトgastrolux公式サイト




バイオタンとは

太古の自然の恵みが、環境とからだにやさしい

バイオタン®鍋&フライパン

既存の「こびりつかないコーティング」はあぶない!

既存の「こびりつかないコーティング」は、ハード下地コーティング、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)の2 層を形成しています。PTFE そのものは、不活性で毒性のない物質ですが、このPTFEという物質を安定させるため、PFOS(パーフルオロオクタンスルフォン酸塩)/PFOA(パーフルオロオクタン酸)という物質を使用してきました。


微量のPTFE とPFOS/PFOS が結合した物質は、非常に安定した化合物ですが、使用するに従い、微量のPFOS/POFA が分解して出てくることが明らかになりました。


PFOS/PFOA は、環境汚染の原因となっており、生物や人体に蓄積されやすい事がわかってきました。


PFOS/PFOA は、活性酸素の生成、発がん作用があり、コレステロール代謝のかく乱など
引き起こすと考えられているのです。
欧米では、2000 年の製造中止に端を発するPFOS/PFOA 使用規制が、今日まで続いています。


2008 年6 月27 日以降、指定含有量(0.005wt%)を超える製品のEU地域内への販売・輸入が禁止されております。アメリカではEPA(米国環境保護局)が飲料水の浄化あるいは代替水源に責任を持つべきPFOA のレベルを500ng/L(0.5ppb)とする同意命令を排出事業所に対して出しています。

日本では、まだ規制を調査・検討中の段階ですが、当社では、以前より欧米での 動きに合わせ、新製品の開拓に努めてまいりました。環境とひとにやさしく、安全・ 便利で末永くご愛用いただける製品、それがバイオタン®です。



深海の恵みをナノ技術でコーティング

バイオタン®はバイオミネラルと、大・小2 種類の違う大きさの粒の珪藻土を活用したできた画期的な21 世紀のコーティングです。
生物由来のミネラルは強いコーティングの骨組みを形成し、そのすき間を珪藻土で埋めることにより、バイオタン®コーティングは堅牢なものになります。


珪藻土は、珪藻という微生物の殻が化石化したもので、食品添加物にも使われます。有機成分が海の水に溶け出して殻だけが残ったため、中はスカスカです。永い間、海底や地中にあって、地球環境の激変にも耐えた、頑強な珪藻土のミクロ構造が、バイオタン®コーティングの強さの秘密です。そして、その骨組みのミクロ空間に、ナノ技術®でPTFE を満たしたものを、アルミニウム本体と一体化させたのが、バイオタン®コーティングです。


従来のノンスティックコーティングは下地層→こびりつかない層が分かれていたため、コーティング剥がれが起こりやすかったのですが、バイオタン®は一体化構造。長期間の使用に耐え、安全です。



ゆがみ、ピンホールがほとんどない鋳造フライパン

今までの鋳造フライパンは、高圧鋳造法、重力鋳造法などの、大量生産でコストの下げやすい方法で作られてきました。しかし、高圧鋳造法では、原理的に微細なピンホール(凸凹)とゆがみが多く含まれてしまい、重力鋳造法では製品の品質にばらつきが多く、表面にピンホールが出来やすい、という欠点があります。これらによる、ゆがみや微細なピンホール、粗い表面仕上げが、品質を低下させ、既存の全ての「こびりつかないフライパン」が、数か月~数年でこびり付き、剥がれが出る原因となっています。


バイオタン®は、ピンホールがほとんどなく、精度の高い、スクイズダイキャスト製法という特殊鋳造方法を採用しています。スクイズダイキャスト製法は、ボルボやポルシェ等の高級車のエンジンや モーター部分に用いられる、空気を巻きこまない特殊な鋳造方法で、超低速でアルミ溶湯を鋳型に注入して、高圧を加えながら凝固させるのが特徴です。


ガストロラックス社では、ロボットで正確に同じ分量のアルミ湯を注入し、正確で均一なサイズ・重量にします。鋳造した地金は、専門家が手ずから品質を厳密にひとつずつチェックします。


厳選された規格品のみ、丹念に表面処理をし、微細なピンホールがないよう丁寧に地金仕上げをします。また、頻繁に抜き取り検査を行い、品質規格に合った製品が実際に出来ているか確認しています。底厚8 ㎜、側面の厚みがあって、しかも精度の高い地金作りで、今までのフライパンには出来なかった品質を実現しています。



バージン・アルミ+5%の自社リサイクル・アルミを使用

ガストロラックス社では、鋳造成型の不良品を表面加工前に厳密にチェックし、不良品などは全てリサイクル・アルミとして、バージン・アルミと共に再利用しています。リサイクル・アルミの使用率は全体の約5%です。





バイオタン®鍋/フライパンの特徴

◎全てのパーツ/製品が信頼のヨーロッパ製です。


◎全ての製品には、ロゴマーク部分にシリアル番号がついています。


◎取手の根幹部は本体に鋳込んであり、ネジやリベットを全く使っていないので、取り
外し式取手、固定式取手、ともに取手の付け根がガタつく事がありません。


◎人間工学に基づいて作られた取手と取り外し式取手の構造は、ともに特許取得済みです。


◎取手とガラス蓋のノブは、ベークライト製で、耐熱240℃です。


◎全てのIH 対応製品は、ハチの巣状プレートを一体鋳造してあり、ゆがみが起こりません。
-バイオタン®ご使用上の注意


◎最初のご使用時に、中性洗剤で洗い、キャノーラ油、サラダオイル、菜種油を薄く塗って、加熱してからふき取って下さい。オリーブオイルやごま油など、不飽和脂肪酸を含む油をご使用の場合、焦げ付きが起こりやすくなります。


◎コーティングの耐熱温度は250℃です。余熱時、加熱時とも、加熱しすぎにご注意下さい。


◎中火で、十分に余熱してから調理を始めるのが、上手に使うコツです。


◎金属製の調理器具はご使用にならないでください。シリコーン樹脂、プラスチック、または木製のヘラ等のご使用をお勧めします。


◎中性洗剤をつけたスポンジやブラシで洗い、温水で洗い流すだけで、簡単に汚れが落ち
ます。


◎調理後、食材を入れたままで長時間放置しないでください。



製品保証

◎ 製品の保証期間は2 年間です。